捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 足首を捻って
    しまった

  • 関節が
    腫れてしまい
    動かせない

  • 体重をかけた
    部位の関節が
    痛む

  • 指の付け根が
    痛くなった

捻挫や腱炎・腱鞘炎には正しい対処をしておきましょう

捻挫や腱炎・腱鞘炎の痛みがなかなか取れずに悩まされたことありませんか?

 

痛みが軽度だからといって、捻挫や腱炎・腱鞘炎を放置してはいけません。

きちんと対処しておくことが必要です。

 

今回は捻挫、腱炎・腱鞘炎になってしまう原因や、
慢性化させないための対処法についてご紹介します。

捻挫・腱炎・腱鞘炎改善メニュー Recommend Menu

捻挫と腱炎・腱鞘炎の違いについて

捻挫は、本来の関節の可動域を超えてひねりなどが生じ、筋肉や腱、靭帯、関節包などの組織を損傷してしまった状態を指します。

腱炎・腱鞘炎は、繰り返しの動作をとり反復して手首や足首などに外力がかかることで腱や腱が通っている腱鞘に炎症が起こってしまっている状態を指します。

では、それぞれなぜ起こってしまうのか、その症状と原因をみていきましょう。

 

【捻挫】

 

●原因

捻挫をしてしまう原因は、大きな外力が加わることで、関節の可動域を超えてねじれてしまうことです。
主に転倒などで生じやすい傾向があります。

 

●症状

・痛み

関節に疼くような痛みを覚えるようになります。
重度の場合は激しく痛み、体重をかけることが難しくなることもあります。

 

・腫れ

捻挫をすると関節に腫れがみられるようになります。
症状が重いほど腫れの範囲も広くなります。

 

・皮下出血

捻挫をした部位に皮下出血が起こります。
重度の捻挫になると皮下出血も大量になり、患部が変色することがあります。

 

 

【腱炎・腱鞘炎】

 

●原因

手首や指を使いすぎてしまうと腱炎・腱鞘炎になります。
腱とその動きを支えている腱鞘が何度も擦れることで炎症が起こります。
指を早く動かすことも、腱を激しく動かすため腱炎・腱鞘炎に繋がります。

 

●症状

・痛み

指や手首を動かしたときに、付け根に痛みを覚えるようになります。

 

・腫れ

指の付け根が腫れてしまい、触れると痛むこともあります。

 

・ドケルバン病

スマホ操作などで親指を使いすぎると「ドケルバン病」になることがあります。
ラケットやボールを握るスポーツや、書き物をする仕事の方もなりやすい症状です。
親指を動かすたびに手首や手の甲に痛みがあります。

 

・ばね指

指を曲げたり伸ばしたりするときに引っかかりができてしまうのは「ばね指」という症状です。
パソコンのタイピング操作が多い方や、ピアノの演奏をする方などに多くみられます。

 

・初産腱鞘炎

初産の女性が抱っこなどの負担で腱鞘炎になってしまうことがあります。

捻挫や腱炎・腱鞘炎になったらRICE処置をしましょう

捻挫や腱炎・腱鞘炎になってしまったときに重要なことが正しい処置をすることです。

基本の処置をご紹介するので、いざなってしまった時にすぐに対処できるよう覚えておきましょう。

 

●RICE処置

捻挫や腱炎・腱鞘炎の応急処置として、RICEと呼ばれる4つの処置をしておきましょう。

・Rest(安静にする)

患部を動かさないようきちんと固定して、安静な状態を保ちましょう。
脚を捻挫した場合には、松葉杖などを使って患部に負担をかけないようにしてください。

 

・Ice(冷やす)

氷を入れた袋や冷却パックを使って患部を冷やしましょう。
15分から20分を目安に冷却して、痛みが続くようであれば再度冷やしていきます。

 

・Compression(圧迫する)

弾力のある包帯やテープを使って患部を圧迫してください。
圧迫しすぎると血流を悪くしてしまうので注意が必要です。

 

・Elevation(挙げる)

患部を心臓より高い位置に挙げておきましょう。
クッションなどを台にするとちょうどよいです。

 

●テーピング

捻挫や腱炎・腱鞘炎に悩まされている方は、テーピングサポーターをうまく使用することも効果的です。
痛めやすい部位を保護しておくことで、症状を予防することができます。

 

●痛い部分の筋肉をやわらげる

患部の筋肉が硬くなってしまっているため、温めてやわらげてあげることで痛みの緩和が期待できます。
捻挫の場合は内出血の吸収を早めるのにも効果的です。

 

●医療機関や整骨院・接骨院にかかる

捻挫や腱炎・腱鞘炎は軽い症状であることが多いですが、中には重篤な疾患が潜んでいることもあります。
痛みが長期間続いたり、明らかに関節が変形してしまっている場合は医療機関や整骨院・接骨院でみてもらいましょう。

 

●ウォーミングアップの習慣をつける

運動前にウォーミングアップすることを徹底しましょう。
関節を柔軟にしておくことが捻挫のリスクを下げることに繋がります。
捻挫の後は関節の動きが悪くなっていることがあるため特に念入りに行いましょう。

葛西駅前中央整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

当院では捻挫、腱炎・腱鞘炎の症状に対して、まず超音波を使った検査を行い炎症の程度をみていきます。

そして、包帯やテーピングで固定を施し安静を保つサポートを行います。
また、炎症が落ち着いたら腱や関連する筋肉に対して「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」を施し改善を目指します。

その他にも、手首、足首の痛みの中には、脊柱(背骨)から出る神経の伝達がうまくいかないことによって発生している場合もあります。

その場合には、電気使った施術を行い痛みを感じる神経をブロックしていきます。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

転倒や強打など日常生活やスポーツを行っている中で骨折や脱臼、捻挫、挫傷(肉離れ)などのケガをしてしまったとき整骨院・接骨院でも、健康保険を使って施術を行うことができます。
また、通勤・業務中でのケガや交通事故によるケガには労災保険や自賠責保険を使って施術を行うことができます。 まずは一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは高電圧を筋肉や靭帯、身体の深部まで浸透させ痛みを軽減し回復を促進させる効果が期待できます。
高電圧をかけることで、肉離れや捻挫などの固定しなければならなかったケガの早期修復が期待できるだけではなく、神経に対してもアプローチが可能です。
その他にも痛みの根源を検査する効果も期待できます。
当院では、ハイボルト療法で根本的な原因を見極め痛みを軽減するだけではなく必要に応じて予防法なども伝えさせて頂きます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

血液が滞りやすい場所に多く存在する経穴(ツボ)に対して、金属などが付いたテープ貼り、血流の流れを正常化させることを目指します。
急性や慢性の神経痛症状の緩和や頸部や腰部の筋バランスを整える効果が期待できます。
他の施術と併用して行うことで、効果の持続を目的とし使用することもあります。

 

■テーピング

ケガの予防やスポーツパフォーマンス向上などの目的に合わせて、数種類のテーピングテープを使用していきます。
各テーピングテープの伸び縮み具合をしっかり把握しながら、「筋肉のサポート」「腫れや痛みの緩和」を目指します。
スポーツ障害や捻挫などの一般外傷、重心のバランスを整えるための負担軽減などに効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや背骨のズレを正常な状態に整えることで、血行を促進し神経の働きを整える効果が期待できます。
また、人間が本来持っている自然治癒力を向上させることで肩こり・腰痛など慢性的などの改善に効果が期待できます。
ぎっくり腰の後療として行う場合もあります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

全身の筋肉や骨を覆っている「筋膜」に対して、専用の器具(ステンレスでできたブレード)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐし、血行促進を目指すことで「痛みの軽減」や「組織の回復力」を高める効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:熊倉 旬一
出身地:千葉県
趣味:子供と遊ぶこと、野球、アウトドア、釣り

年齢は秘密ですが業界歴は10年以上です!
(歳はもし興味あれば直接聞いて下さい!笑)
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中