外反母趾でお悩みの方へ

外反母趾によくある症状

  • 足の親指が
    反らない

  • 靴とこすれて
    足が痛む

  • ハイヒールを
    履いていて
    足が変形した

  • 足のアーチが
    なくなって
    しまった

足が変形してしまっていませんか

足の親指が変形していたり、歩くたびに痛みを感じていませんか。

 

外反母趾は、症状が進むと動作を行っていなくても痛みを感じたり、

手術が必要になることもあります。

 

そのため、痛みや変形を感じたら、早めに対処するようにしましょう。

 

今回は外反母趾になってしまう原因や、予防法についてご紹介します。

外反母趾改善メニュー Recommend Menu

足に合わない靴を我慢して履くのはやめましょう

親指の付け根がくの字に変形し、見た目にも気になる外反母趾ですが、何が原因で起こってしまうのでしょうか。

外反母趾の原因には、先天性のものと後天性のものがあると言われています。

 

【先天性の原因】

 

●遺伝によるもの

母親または祖母が外反母趾の場合、遺伝の影響によって外反母趾になる場合があります。

 

●親指が長い

足の親指が人差し指よりも長い「エジプト型」の足の方は、靴で圧迫されることが多く外反母趾のリスクが高いと言われています。

 

●関節が緩い

生まれつき関節が緩い方は、指が曲がりやすいため外反母趾になりやすい傾向があります。
若い女性はホルモンの影響で関節が緩くなりやすいので注意が必要です。

 

【後天性の原因】

 

●内的要因

運動不足により足の親指を広げるための筋力が落ちてしまったり、親指の角度を維持する力が弱くなることで、外反母趾に繋がることがあります。

女性は男性に比べ関節が柔らかく筋力が弱いため、外反母趾になりやすい傾向があります。

 

●外的要因

生活習慣によって外反母趾になってしまうこともあります。
例えば、足に合っていない靴を履き続けたり、ハイヒールを日常的に履いている方は足の指の負担が強くなり外反母趾のリスクが高くなります。

ヒールは3センチ高くなると足への負担が1.5倍から2倍になると言われています。
仕事などでヒールを履かなければならない状態であっても通勤時などはローヒールの靴に履き替えるなどの工夫を行うとよいでしょう。

また、つま先から着地するなど歩き方に癖のある方も外反母趾になりやすいタイプだと言われています。

外反母趾は日常生活での予防が大切です

外反母趾になるとどのような症状が起こるのでしょうか。

ここでは外反母趾の症状と、その予防法についてご紹介します。

 

【外反母趾の症状】

 

●足の変形

外反母趾になると足の親指が20度以上小指側に曲がってしまい、その分親指の付け根が飛び出した状態になります。

症状が重くなると保存療法では痛みが抑えられなくなり、手術が必要になることもあります。

 

●痛み

飛び出した親指の付け根が靴などとこすれることで、痛みを感じるようになります。
その飛び出した親指の付け根部分には神経が通っているため、変形することで圧迫され、親指に痛みやしびれが現われることもあります。

 

●扁平足

外反母趾と併発することが多い症状が扁平足です。
正常な足はアーチの形状をしていますが、外反母趾が進むと足のアーチがつぶれてしまい、土踏まずがなくなって扁平足になってしまいます。

 

【日常生活でできる予防法】

 

●正しい歩き方を身につける

外反母趾を予防するには正しい歩き方を身につけることが大切です。
内またか外またかで重心のかかる場所がかわるので、自分の歩き方を調べてみることがよいでしょう。
また、着地するときはかかとに重心をかける癖をつけましょう。

 

●足に合った靴を選ぶ

ヒールの高い靴や足幅の狭い靴はなるべく避けて、自分の足に合った靴を履きましょう。
鼻緒のついた履物は足への負担が少なく、歩くときに自然と正しい力の入れ方になるのでおすすめです。

 

●足指の運動の習慣をつける

足の親指の角度を保つため、足の筋力を維持することが必要です。
足でタオルを掴む運動や、ゴムひもを両方の親指にかけて引っ張る運動をすると効果的です。

葛西駅前中央整骨院の【外反母趾】アプローチ方法

外反母趾は、成人のおよそ30%に認められると言われている症状です。

外反母趾の状態であっても、

・強い痛みを感じ炎症反応と足の親指の付け根の変形がみられる方

・変形のみの方

がいらっしゃいます。

 

 

当院では、その状態に合わせて適した施術を行います。

炎症がみられる場合には、エコー検査にて関節内や患部周囲の腱や靭帯に問題が起こっていないか確認し、炎症の程度により包帯やテーピングで固定を施します。

痛みがなく見た目の変形のみ確認できる場合には、足底アーチの形状や重心のバランスをみていきます。

そして関連する筋肉に「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」や骨の調整をキープするための運動療法などを行います。

 

【外反母趾に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは高電圧を筋肉や靭帯、身体の深部まで浸透させ痛みを軽減し回復を促進させる効果が期待できます。
高電圧をかけることで、肉離れや捻挫などの固定しなければならなかったケガの早期修復が期待できるだけではなく、神経に対してもアプローチが可能です。
その他にも痛みの根源を検査する効果も期待できます。
当院では、ハイボルト療法で根本的な原因を見極め痛みを軽減するだけではなく必要に応じて予防法なども伝えさせて頂きます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

血液が滞りやすい場所に多く存在する経穴(ツボ)に対して、金属などが付いたテープ貼り、血流の流れを正常化させることを目指します。
急性や慢性の神経痛症状の緩和や頸部や腰部の筋バランスを整える効果が期待できます。
他の施術と併用して行うことで、効果の持続を目的とし使用することもあります。

 

■テーピング

ケガの予防やスポーツパフォーマンス向上などの目的に合わせて、数種類のテーピングテープを使用していきます。
各テーピングテープの伸び縮み具合をしっかり把握しながら、「筋肉のサポート」「腫れや痛みの緩和」を目指します。
スポーツ障害や捻挫などの一般外傷、重心のバランスを整えるための負担軽減などに効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや背骨のズレを正常な状態に整えることで、血行を促進し神経の働きを整える効果が期待できます。
また、人間が本来持っている自然治癒力を向上させることで肩こり・腰痛など慢性的などの改善に効果が期待できます。
ぎっくり腰の後療として行う場合もあります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

全身の筋肉や骨を覆っている「筋膜」に対して、専用の器具(ステンレスでできたブレード)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐし、血行促進を目指すことで「痛みの軽減」や「組織の回復力」を高める効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:熊倉 旬一
出身地:千葉県
趣味:子供と遊ぶこと、野球、アウトドア、釣り

年齢は秘密ですが業界歴は10年以上です!
(歳はもし興味あれば直接聞いて下さい!笑)
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:葛西駅前中央整骨院
住所〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-8
最寄:葛西駅
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中