ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 腰が急に
    激しく痛む

  • 物を持ち上げた
    ときに腰が
    痛くなった

  • 腰の痛みが
    酷くて身動き
    が取れない

  • 腰から下に
    しびれる感覚
    がある

急に襲ってくる腰の痛み「ぎっくり腰」

重いものを持ち上げたときなどにぎっくり腰になった経験はありませんか?

 

ビキッ!という音とともに激しい痛みを感じるぎっくり腰、

トラウマになってしまう方も少なくありません。

 

ぎっくり腰の原因や対処法を知って再発を予防しましょう。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

ストレスはぎっくり腰のリスクを高めてしまいます

ぎっくり腰は病名ではないことをご存知でしょうか。
日常会話の中ではよく「ぎっくり腰」と呼ばれていますが、正式名称は「急性腰痛症」と呼ばれる症状です。
ぎっくり腰の原因は現在もはっきりとはわかっていないのですが、発症しやすい要因についてご紹介します。

 

【ぎっくり腰の誘因】

●関節からくる場合

関節が本来の動きをすることができないことでぎっくり腰を発症することがあります。
仙骨のずれや腰椎のずれ、じん帯の緩みなどによって関節が炎症を起こしたり、動きが不自由になったりすることが痛みの原因となります。

 

●筋肉からくる場合

重いものを急に持ち上げようとしたときなど、腰に大きな負担がかかると筋肉が緊張したり傷ついたりしてしまい、腰に激しい痛みを覚えることがあります。
デスクワークなどで腰周りの筋肉への負担が慢性化している場合も、突然ぎっくり腰になるリスクを高めてしまいます。

 

●ストレスからくる場合

精神的ストレスはぎっくり腰の発生リスクを高めるとも言われています。
ストレスは自律神経の働きにも影響してしまうため、ストレスが溜まることで自律神経が乱れ、ぎっくり腰に繋がることがあります。

 

●病気による場合

病気によって腰に強い痛みを感じることもあります。
例をあげると、椎間板ヘルニア骨粗鬆症、腰周りの骨の圧迫骨折などが原因となりぎっくり腰になっていることがあります。

日常生活からぎっくり腰を予防しましょう

身動きが取れないほど痛むこともあるぎっくり腰はとてもつらい症状です。
そんなぎっくり腰になってしまうことを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。
誰でも簡単にできるぎっくり腰の予防法をご紹介します。

 

●正しい姿勢を意識する

ぎっくり腰を予防するためには、普段から正しい姿勢を身につけておくことが重要です。

首を前に突き出した姿勢を取ると腰に負担をかけてしまうので、背筋をまっすぐ伸ばした状態を保つようにしましょう。

 

●インナーマッスルを鍛える

腹筋や背筋など腰を支えるお腹周りの筋肉を鍛えることで、ぎっくり腰を予防する効果が期待できます。
通常のトレーニングよりも、バランスボードなどを利用することで効率よくインナーマッスルを鍛えることができます。

 

●腰に強い負担をかけない

重いものを無理に持ち上げようとしたり、物を拾うときに腰を大きく曲げてしまう癖をなくしましょう。
腰は大きく曲げないで、膝を曲げて腰を落とすようにしてください。

 

●身体の柔軟性を高める

筋肉や関節の柔軟性を高めるために、ストレッチの習慣をつけておくと良いでしょう。
特に股関節の動きを柔軟にしておくと、腰にかかる負担を分散することができるようになります。

 

●ストレスをため込まない

ストレスをためすぎていると全身の筋肉が硬くなり、ぎっくり腰の原因となってしまう可能性があります。
好きな音楽を聴いて過ごしたりお風呂にゆっくりと浸かったりして、ストレスを解消できる時間を作りましょう。

葛西駅前中央整骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰という言葉は、一般的に耳にする機会が多いかと思います。

急に重い荷物を持ったときや、かがんだり伸ばしたりと急な体重移動をしたときに多く発生します。

その原因としては、次のようなことが挙げられます。

・筋肉や骨格のバランスの不安定性

・サルコペニア(筋力低下)

・精神的な不安やストレスからの筋肉の緊張

・筋肉内の代謝低下

 

これらの条件が、組み合わりそこに急な外力が加わることで発生していると考えられます。

 

当院では、ぎっくり腰に対してまずどの軟部組織が損傷してしまっているのか見極めることから始めていきます。
※多くの方は、脊骨を繋ぐ靭帯を捻挫してしまうか、筋肉が挫傷し炎症を起こしています。

検査は、赤ちゃんなどをみる超音波(エコー)を使用し筋肉や靭帯などの炎症反応を確認していきます。

「ハイボルト療法」や整骨医学に沿った手技療法、「テーピング」など、お一人おひとりの症状や生活環境に合わせた施術をご提案させていただきます。

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは高電圧を筋肉や靭帯、身体の深部まで浸透させ痛みを軽減し回復を促進させる効果が期待できます。
高電圧をかけることで、肉離れや捻挫などの固定しなければならなかったケガの早期修復が期待できるだけではなく、神経に対してもアプローチが可能です。
その他にも痛みの根源を検査する効果も期待できます。
当院では、ハイボルト療法で根本的な原因を見極め痛みを軽減するだけではなく必要に応じて予防法なども伝えさせて頂きます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

血液が滞りやすい場所に多く存在する経穴(ツボ)に対して、金属などが付いたテープ貼り、血流の流れを正常化させることを目指します。
急性や慢性の神経痛症状の緩和や頸部や腰部の筋バランスを整える効果が期待できます。
他の施術と併用して行うことで、効果の持続を目的とし使用することもあります。

 

■テーピング

ケガの予防やスポーツパフォーマンス向上などの目的に合わせて、数種類のテーピングテープを使用していきます。
各テーピングテープの伸び縮み具合をしっかり把握しながら、「筋肉のサポート」「腫れや痛みの緩和」を目指します。
スポーツ障害や捻挫などの一般外傷、重心のバランスを整えるための負担軽減などに効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや背骨のズレを正常な状態に整えることで、血行を促進し神経の働きを整える効果が期待できます。
また、人間が本来持っている自然治癒力を向上させることで肩こり・腰痛など慢性的などの改善に効果が期待できます。
ぎっくり腰の後療として行う場合もあります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

全身の筋肉や骨を覆っている「筋膜」に対して、専用の器具(ステンレスでできたブレード)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐし、血行促進を目指すことで「痛みの軽減」や「組織の回復力」を高める効果が期待できます。

 

■カッピング

吸い玉療法とも呼ばれている施術で真空状態にしたカップを皮膚の上にのせ吸着させていきます。
皮膚や筋肉を吸引することで滞っていた血液やリンパを刺激し流れの改善が期待できます。
慢性的な肩こりや腰痛の改善、急性腰痛(ぎっくり腰)の後療におすすめです。
また、スポーツのあとの疲労回復などで行うこともあります。

著者 Writer

著者画像
院長:熊倉 旬一
出身地:千葉県
趣味:子供と遊ぶこと、野球、アウトドア、釣り

年齢は秘密ですが業界歴は10年以上です!
(歳はもし興味あれば直接聞いて下さい!笑)
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中