肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • 運動していて
    ふくらはぎが
    痛くなった

  • 太ももが激しく痛んで歩けない

  • 急に走ったら
    足を痛めた

  • 太ももを
    伸ばすと強い
    痛みがある

スポーツをしていなくても肉離れは起こります

ブチッ!という音とともにふくらはぎが激しく痛む、

そんな肉離れの経験はありませんか?

 

肉離れはスポーツ中になるものだと思われていることも多いですが、

実はスポーツをしている方だけに起こるものではありません。

 

肉離れになってしまう原因や、症状への対処法をみていきましょう。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

肉離れの原因は筋肉の硬さ

肉離れがどういう状態であるか知っていますか?

肉離れとは、筋肉が引き伸ばされる力に収縮する力が負けてしまい、断裂してしまった状態です。
特にスポーツ中に、ももやふくらはぎなどの足の筋肉が起こりやすく、症状として腫れや内出血が現れます。

また、断裂した部分に凹みがみられることもあります。

軽症だと違和感程度の場合もありますが、重症になると激痛で歩くことが困難になってしまったり、同じ軟部組織の損傷であるアキレス腱断裂が隠れていることもあります。

 

【肉離れの原因】

●筋肉が硬い

筋肉に疲労がたまっていたり、普段からあまり身体を使っていなかったりすると筋肉が硬くなってしまいます。
筋肉が硬い状態で身体を動かそうとすると筋肉が切れやすくなり、肉離れに繋がります。

 

●ウォーミングアップ不足

身体を動かす前に十分なウォーミングアップができていないと、筋肉が引き伸ばされた時に断裂しやすくなります。
運動前にはきちんとウォーミングアップをして、筋肉の柔軟性を高めておくことが必要です。

 

●冷え

筋肉は冷えることでも硬くなります。
冬場に足がつってしまい、それが肉離れになってしまうこともあります。
ウォーミングアップには筋肉を柔らかくするだけでなく、温める効果もあるため必ず行うようにしましょう。

 

●水分不足

水分を十分に取っていなかったり、飲酒していたりすると身体が水分不足の状態になります。
体内の水分が足りていないと筋肉が緊張して硬くなってしまい、肉離れを起こしやすくなってしまいます。

早期回復には早めの施術が大切です

肉離れは、激しい痛みをともなうため、多くの方が医療機関や整骨院・接骨院を訪れると思います。

しかし、受傷直後に適切な処置を行わなかったり、施術の途中で通うのをやめてしまったりすると、回復が長引いてしまったり、違和感が残ってしまうこともあります。

お子さんの場合は特に、身体にゆがみが出てしまったり、骨が筋肉に引っ張られてはく離骨折してしまうこともあります。

完治には3週間程度、重症になると2か月近くかかることもあり、早期回復のためには応急処置と早めに施術を開始することが重要です。

 

【応急処置】

 

●RICE処置

・R:Rest(安静にする)

患部をなるべく動かさないように固定しておき、安静にしておきましょう。

 

・I:Ice(冷却する)

およそ15分間、冷却パックなどを使って患部を冷やしておきましょう。
一度冷却をやめてまた痛むようなら、再度冷やすようにしてください。

 

・C:Compression(圧迫する)

テーピングや弾力包帯を使って患部を圧迫した状態にしましょう。
腫れや皮下出血を緩和できますが、血流を妨げる程強く圧迫しないよう気を付けてください。

 

・E:Elevation(挙げる)

患部は心臓より高い位置に保つことで、腫れを素早く引かせることができます。
横になった状態で、患部をベッドの縁や台などに乗せておきましょう。

 

【医療機関や整骨院・接骨院にかかる】

 

医療機関ではレントゲンにより肉離れの具合を確認することができます。

完全断裂してしまった場合は手術が必要になることもあるため、歩行ができないほどの激痛が続く場合は医療機関にかかりましょう。
整骨院・接骨院では症状の緩和や、再発に繋げないための施術を受けることができます。

症状に合わせた適切な処置ができるため、早期回復のために施術を受けることがおすすめです。

葛西駅前中央整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

肉離れは、筋肉の一部分もしくは完全に断裂した状態を指します。

主に「筋肉の柔軟性の低下」「身体のバランスの崩れ」「気力の低下」などさまざまな悪条件が重なった時に、筋肉に急な収縮する外力が加わることで発生します。

 

ふくらはぎや太ももの裏などの場所に多く発生する傾向があり、ゴムが切れたような音と足がつったような感覚を覚えることもあります。

また、筋肉の異常なハリ腫れ内出血がみられることもあります。

 

当院では、このような肉離れに対して、患部をエコーにより検査し炎症状態をみていきます。
そして、「包帯やテーピングで固定」を行ったり、「ハイボルト療法」で自己治癒力向上を図り早期回復を目指します。

運動をされている方には、パフォーマンス向上のために筋肉の評価やリハビリなども行っております。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

転倒や強打など日常生活やスポーツを行っている中で骨折や脱臼、捻挫、挫傷(肉離れ)などのケガをしてしまったとき整骨院・接骨院でも、健康保険を使って施術を行うことができます。
また、通勤・業務中でのケガや交通事故によるケガには労災保険や自賠責保険を使って施術を行うことができます。 まずは一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは高電圧を筋肉や靭帯、身体の深部まで浸透させ痛みを軽減し回復を促進させる効果が期待できます。
高電圧をかけることで、肉離れや捻挫などの固定しなければならなかったケガの早期修復が期待できるだけではなく、神経に対してもアプローチが可能です。
その他にも痛みの根源を検査する効果も期待できます。
当院では、ハイボルト療法で根本的な原因を見極め痛みを軽減するだけではなく必要に応じて予防法なども伝えさせて頂きます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

血液が滞りやすい場所に多く存在する経穴(ツボ)に対して、金属などが付いたテープ貼り、血流の流れを正常化させることを目指します。
急性や慢性の神経痛症状の緩和や頸部や腰部の筋バランスを整える効果が期待できます。
他の施術と併用して行うことで、効果の持続を目的とし使用することもあります。

 

■テーピング

ケガの予防やスポーツパフォーマンス向上などの目的に合わせて、数種類のテーピングテープを使用していきます。
各テーピングテープの伸び縮み具合をしっかり把握しながら、「筋肉のサポート」「腫れや痛みの緩和」を目指します。
スポーツ障害や捻挫などの一般外傷、重心のバランスを整えるための負担軽減などに効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

全身の筋肉や骨を覆っている「筋膜」に対して、専用の器具(ステンレスでできたブレード)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐし、血行促進を目指すことで「痛みの軽減」や「組織の回復力」を高める効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:熊倉 旬一
出身地:千葉県
趣味:子供と遊ぶこと、野球、アウトドア、釣り

年齢は秘密ですが業界歴は10年以上です!
(歳はもし興味あれば直接聞いて下さい!笑)
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:葛西駅前中央整骨院
住所〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-8
最寄:葛西駅
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中