膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 立ち上がる
    ときに膝が痛む

  • 膝が思うように
    曲がらない

  • 何もしていなく
    ても膝が痛む
    ようになった

  • 長時間歩く
    ことができ
    なくなった

膝はもっとも痛めやすい関節です

立ち上がるときや歩くとき、膝が痛いな、と感じることはありませんか?

 

膝は痛めやすく、そのため膝の痛みは慢性化しやすい症状で、

日常生活に不安を覚えることも多いかと思います。

 

なぜ膝の痛みになってしまうのか、原因や対処法についてご紹介します。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝の痛みの原因は関節の動きにあります

なぜ膝が痛むようになってしまうのでしょうか?

膝は足の動きを支える役割がある重要な関節であるため、膝の痛みが起こると日常生活にもさまざまな影響を与えます。

膝の痛みは加齢が原因となっていることも多く、中高年から高齢者の方に多くみられますが、若いからと安心していてはいけません。

では、膝の痛みにはどんな原因があるのか詳しくみていきましょう。

 

【膝の痛みの原因】

●関節の動きが悪い

膝関節や股関節を上手く使えていないと膝にかかる負担が大きく、膝の痛みの原因となります。

普段から身体を動かしていない方は、骨盤の骨軸のずれや筋力低下により痛みが生じることもあります。

 

●変形性膝関節症

加齢などが原因で膝関節の軟骨がすり減ってしまうと変形性膝関節症となってしまうことがあります。
膝が痛み、症状が進むと膝に水がたまるといった症状が現れます。

 

●関節リウマチ

関節リウマチになると膝関節が炎症になり、軟骨や骨が破壊されて正常に機能しなくなります。
膝の激しい痛みや腫れが症状として現れます。

 

●半月版損傷

膝の半月板が傷つくと膝の曲げ伸ばしが不自由になってしまい、ひどい場合には急に膝が動かなくなったり、歩行困難なほどの痛みを覚えることがあります。

バスケットなどのスポーツで損傷してしまうことも多く、慢性化すると変形性膝関節症を引き起こす可能性もありますので注意が必要です。

 

●膝関節靭帯損傷

大きな衝撃を受けて膝の靭帯が傷つくことで、膝の痛みや腫れ、動きの制限といった症状が出ます。
放っておくと痛みが慢性化することもあります。

 

●スポーツ障害

オーバートレーニングによるランナー膝なども、炎症を誘発して膝の痛みの原因となります。

また、お子様でも成長痛によって膝に痛みを覚えることがあります。

対策を知って症状の進行を防ぎましょう

膝の痛みの悩みは解消できないもの、と思い込んでいませんか?

特に変形性膝関節症は放っておくと歩くことが困難になってしまうこともあります。

正しい対策を知って痛みの緩和を進行の予防に努めましょう。

 

【膝の痛みの予防法】

●変形性膝関節症の場合

痛みが出たら、まずは安静にしてください。早めに膝を休ませることで痛みの引きも早くなります。

痛みが減ってきたら、膝周りの筋肉を鍛えることで膝を安定させることが期待できます。

 

●関節リウマチの場合

関節リウマチをそのままにしておくと、膝関節の機能が失われてしまいます。
早期発見が重要なので、激しい痛みを感じたら医療機関や整骨院・接骨院にかかってみてもらいましょう。

 

●半月版損傷の場合

痛みが取れたらリハビリをして、膝関節の機能を維持することが重要です。
きちんとリハビリができれば、元通りの動きに戻る可能性が高くなります。

 

●膝関節靭帯損傷の場合

筋力を低下させないために、膝を動かすリハビリをしておきましょう。
サポーターをつけて、可動域を適度に調節しながら行うことが大切です。

 

●ランナー膝

オーバーユースを避け、きちんとウォームアップをし、休養をとることが大切です。
一度発症してしまうとしばらくスポーツを中止することになってしまうため、そうなる前にバランス良く休ませるよう意識してください。

 

●日常でできる対策

膝にかかる負担を軽減するためには、関節周りの筋肉を鍛えることが一番です。
また、体重が重いと膝や腰にかかる負担がより大きくなります。
運動をして筋力を鍛えつつ健康的な体重をキープすることが、予防と対策どちらの観点からみても効果的です。

 

■安静にさせる場合

激しく痛む場合には膝を安静にしておきましょう。
膝が動かないようきちんと固定して、痛む部位にアイシングをしてください。

 

■動かした方が良い場合

膝を全く動かさずにいると筋力が低下してしまい、かえって痛みの増幅に繋がります。
軽いウォーキングやストレッチで膝を適度に動かしておきましょう。

椅子に座って足を伸ばし上にあげる運動などが、負荷がかかりすぎずおすすめです。
また身体を動かす前にはウォーミングアップを心がけ、サポーターやテーピングで膝への負担を軽くしておきましょう。

葛西駅前中央整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

「運動中」「正座やしゃがむとき」などの動作や「変形性膝関節症」などの病気、膝に痛みを覚える状況はさまざまです。

膝の痛みは、日常生活にも支障をきたし不自由を感じることも多くなります。

膝の痛みはいわゆる膝関節の痛みです。
膝関節の痛みは、「体幹の筋力の低下」「身体のバランスの崩れによる偏った負荷」「股関節から足関節にかけての連動性の機能低下」により、起こりやすくなります。

 

 

当院では、細かく検査をし患部の状態を把握した上で、適切な施術をご提案していきます。
また、「骨格矯正」などで身体のバランスを整え膝に対しての負荷の軽減や、関節運動機能アップを目的としたリハビリも行っています。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは高電圧を筋肉や靭帯、身体の深部まで浸透させ痛みを軽減し回復を促進させる効果が期待できます。
高電圧をかけることで、肉離れや捻挫などの固定しなければならなかったケガの早期修復が期待できるだけではなく、神経に対してもアプローチが可能です。
その他にも痛みの根源を検査する効果も期待できます。
当院では、ハイボルト療法で根本的な原因を見極め痛みを軽減するだけではなく必要に応じて予防法なども伝えさせて頂きます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

血液が滞りやすい場所に多く存在する経穴(ツボ)に対して、金属などが付いたテープ貼り、血流の流れを正常化させることを目指します。
急性や慢性の神経痛症状の緩和や頸部や腰部の筋バランスを整える効果が期待できます。
他の施術と併用して行うことで、効果の持続を目的とし使用することもあります。

 

■テーピング

ケガの予防やスポーツパフォーマンス向上などの目的に合わせて、数種類のテーピングテープを使用していきます。
各テーピングテープの伸び縮み具合をしっかり把握しながら、「筋肉のサポート」「腫れや痛みの緩和」を目指します。
スポーツ障害や捻挫などの一般外傷、重心のバランスを整えるための負担軽減などに効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや背骨のズレを正常な状態に整えることで、血行を促進し神経の働きを整える効果が期待できます。
また、人間が本来持っている自然治癒力を向上させることで肩こり・腰痛など慢性的などの改善に効果が期待できます。
ぎっくり腰の後療として行う場合もあります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

全身の筋肉や骨を覆っている「筋膜」に対して、専用の器具(ステンレスでできたブレード)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐし、血行促進を目指すことで「痛みの軽減」や「組織の回復力」を高める効果が期待できます

 

■ドレナージュ
【DPL】

足首のズレを整え、ふくらはぎからひざ裏の筋膜の癒着をほぐし、リンパや血液の流れの促進を目指す施術です。
足の「むくみ」や「冷え」の改善だけでなく、背中や腰の疲労・こりの改善にも効果が期待できます。
歩く機会の多い方、長時間立ち仕事をされている方におすすめな施術です。

 

■カッピング

吸い玉療法とも呼ばれている施術で真空状態にしたカップを皮膚の上にのせ吸着させていきます。
皮膚や筋肉を吸引することで滞っていた血液やリンパを刺激し流れの改善が期待できます。
慢性的な肩こりや腰痛の改善、急性腰痛(ぎっくり腰)の後療におすすめです。
また、スポーツのあとの疲労回復などで行うこともあります。

著者 Writer

著者画像
院長:熊倉 旬一
出身地:千葉県
趣味:子供と遊ぶこと、野球、アウトドア、釣り

年齢は秘密ですが業界歴は10年以上です!
(歳はもし興味あれば直接聞いて下さい!笑)
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中