股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 歩くとき足の
    付け根が痛む

  • 長時間立って
    いることが
    つらい

  • 脚が思うように
    動かせない

  • 股関節の動きが
    不安定になった

股関節の痛みをそのままにしていませんか

股関節の痛みや動きの不自由さを覚えることはありませんか。

 

軽い痛みだからといってそのままにしておくと、

将来的に歩行困難になってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、股関節が痛くなってしまう原因を知り対処していきましょう。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

その痛みは変形性股関節症かもしれません

私たちの身体の中心にある股関節がどのような働きをしているかご存知でしょうか。

 

まず、股関節は私たちが歩いたり走ったりするときに、体重を支える役割をしています。

また、地面からの衝撃を吸収するクッションの役割も担っています。

このように股関節は、私たちが動作を行ううえで重要な役割を果たしています。

その場所に痛みを感じてしまうと、動くことにも制限を感じ大きなストレスになります。

 

【股関節の痛みの原因】

 

●変形性股関節症

股関節のクッションとして機能している軟骨が、加齢などの原因ですり減ってしまうことで、骨盤と大腿骨のつなぎ目が変形してしまうことを変形性股関節症と言います。

主に中高年の方に多くみられる症状ですが、生まれつき臼蓋形成不全があることで起こる場合もあります。
また、変形性膝関節症であっても、筋肉が負荷を補っている場合などは痛みを感じない場合もあります。

 

●お尻の肉離れ

急に身体を大きく動かしたときに、お尻の筋肉が断裂して肉離れになってしまうことがあります。
お尻の肉離れになると股関節周りにも痛みがあり、足を動かすたびに痛みが発生します。

 

●オーバーユース

トレーニングなどで股関節を使い過ぎてしてしまうと、炎症を起こして股関節痛になってしまうことがあります。
筋肉に対するストレスも大きいため、過度な運動は股関節や足の痛みの原因となります。

 

●婦人科系の病気

股関節痛は女性の発症が多くみられますが、その原因となることが婦人科系の病気です。
子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍といった病気が原因で股関節周辺の神経を圧迫したり、炎症を起こし股関節付近に痛みを覚えることがあります。

変形性股関節症を予防していつまでも元気に歩きましょう

股関節の痛みは、ひどくなると歩くことも難しくなってしまいます。
日常生活に支障が出るほどの症状は、なんとか避けたいものです。

股関節痛の原因としてもっとも多くみられる変形性股関節症、その症状や予防法をみていきましょう。

 

【変形性股関節症について】

 

変形性股関節症とは、股関節のすき間でクッションの役割を果たす軟骨がすり減ったことで、股関節に痛みや動きの制限が現れる症状です。

症状が進行すると自由に歩くことができなくなることもあります。

 

【変形性股関節症の症状】

 

●痛み

初期の症状としては、立ち上がったときなどに足の付け根に軽く痛みが生じます。
症状が重くなると痛みが増し、何もしていなくても常に痛むようになってしまいます。

 

●可動制限

股関節を動かせる範囲が制限されてしまい、足を思うように動かすことができず、歩きにくくなります。
症状が進行すると長時間立ったり歩いたりがつらくなるほか、足の爪を切ったり靴下を履くことも難しくなります。

 

●しびれ

股関節周辺の骨や組織が飛び出した状態になってしまい、神経を圧迫することで股関節や足にしびれを覚えるようになります。

 

 

【変形性股関節症の予防法】

 

●股関節を柔軟にする

変形性股関節症を防ぐには、普段から股関節周辺の筋肉をほぐし、柔軟性を高めておくことが大切です。
片足を上げて付け根から大きく回転させるストレッチなどで柔軟にしておきましょう。
ただし痛みを感じるようであればすぐに中止してください。

 

●座り方に注意する

あぐらや女の子座りといった座り方は骨盤や股関節に負担をかけてしまいます。
椅子に座るときは足を組むことは避けて、椅子に深く腰掛けるようにしてください。

葛西駅前中央整骨院の【股関節痛】アプローチ方法

股関節の痛みは中高年以降に多い「変形性股関節症」を代表として多くの方を悩ませている症状です。

変形性膝関節症は、加齢とともに軟骨がすり減り変形することで発生します。
しかし、その変形の前に起こることがあります。

それは「サルコペニア」と呼ばれている加齢にともなって生じる筋肉量、筋肉の低下です。
加齢とともに背骨、骨盤、股関節を繋いでいるインナーマッスルの機能が低下することで身体のバランスが崩れてしまったり、体幹周り、大臀部(太もも)にかけてのアウターマッスルの使用頻度が減り硬く緊張することで股関節の負荷が増えてしまいます。

すると次第に、股関節に炎症が起こり軟骨にも影響を与え始めます。

当院では、股関節の痛みに対して関節内の圧を整え機能性を上げる施術や筋肉には「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」を施します。
また、症状の状態に合わせてリハビリをご提案し本来の動きを戻すことを目指し施術させていただきます。

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは高電圧を筋肉や靭帯、身体の深部まで浸透させ痛みを軽減し回復を促進させる効果が期待できます。
高電圧をかけることで、肉離れや捻挫などの固定しなければならなかったケガの早期修復が期待できるだけではなく、神経に対してもアプローチが可能です。
その他にも痛みの根源を検査する効果も期待できます。
当院では、ハイボルト療法で根本的な原因を見極め痛みを軽減するだけではなく必要に応じて予防法なども伝えさせて頂きます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

血液が滞りやすい場所に多く存在する経穴(ツボ)に対して、金属などが付いたテープ貼り、血流の流れを正常化させることを目指します。
急性や慢性の神経痛症状の緩和や頸部や腰部の筋バランスを整える効果が期待できます。
他の施術と併用して行うことで、効果の持続を目的とし使用することもあります。

 

■テーピング

ケガの予防やスポーツパフォーマンス向上などの目的に合わせて、数種類のテーピングテープを使用していきます。
各テーピングテープの伸び縮み具合をしっかり把握しながら、「筋肉のサポート」「腫れや痛みの緩和」を目指します。
スポーツ障害や捻挫などの一般外傷、重心のバランスを整えるための負担軽減などに効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや背骨のズレを正常な状態に整えることで、血行を促進し神経の働きを整える効果が期待できます。
また、人間が本来持っている自然治癒力を向上させることで肩こり・腰痛など慢性的などの改善に効果が期待できます。
ぎっくり腰の後療として行う場合もあります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

全身の筋肉や骨を覆っている「筋膜」に対して、専用の器具(ステンレスでできたブレード)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐし、血行促進を目指すことで「痛みの軽減」や「組織の回復力」を高める効果が期待できます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足首のズレを整え、ふくらはぎからひざ裏の筋膜の癒着をほぐし、リンパや血液の流れの促進を目指す施術です。
足の「むくみ」や「冷え」の改善だけでなく、背中や腰の疲労・こりの改善にも効果が期待できます。
歩く機会の多い方、長時間立ち仕事をされている方におすすめな施術です。

 

■カッピング

吸い玉療法とも呼ばれている施術で真空状態にしたカップを皮膚の上にのせ吸着させていきます。
皮膚や筋肉を吸引することで滞っていた血液やリンパを刺激し流れの改善が期待できます。
慢性的な肩こりや腰痛の改善、急性腰痛(ぎっくり腰)の後療におすすめです。
また、スポーツのあとの疲労回復などで行うこともあります。

著者 Writer

著者画像
院長:熊倉 旬一
出身地:千葉県
趣味:子供と遊ぶこと、野球、アウトドア、釣り

年齢は秘密ですが業界歴は10年以上です!
(歳はもし興味あれば直接聞いて下さい!笑)
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中