骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 骨の一部を
    押すと非常に
    強い痛みが
    ある

  • 転倒して
    手をついた後
    手首が変な方向
    に曲がって
    しまった

  • 捻挫なのか
    骨折なのか
    分からない

  • 骨折の痛みを
    早く
    取り除きたい

骨折は幅広い世代で起こる可能性があります

骨折はスポーツ現場で発生しやすいといわれています。
しかし、日常生活でも転倒や転落、事故などによって発生する可能性はあります。
骨が弱くなりやすい中高年の方は特に注意が必要です。

 

こちらのページでは骨折の症状や対処法について詳しくまとめてあります。
日常で行える対策についても触れていますので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折の原因や固有症状について

骨折は骨が折れた状態であり、程度によって「完全骨折(完全に折れたもの)」「不全骨折(一部が折れたもの)」に分けられます。
他の外傷と比較すると腫れや痛みが強く出やすく、素早い処置が求められます。

こちらでは、まず「骨折の特徴的な症状」や「骨折を見分けるポイント」について確認してみましょう。

 

【骨折の種類】

 

・外傷性骨折

身体に強い外力が加わることで骨折してしまったものになります。
コンタクトスポーツや日常生活での転倒転落衝突事故などで発生しやすくなっています。

・疲労骨折

小さい外力が身体の同じ箇所に繰り返し加わることで、骨折をしたものになります。
スポーツでの走り込みジャンプ動作の繰り返しなどで発生しやすくなっています。

・病的骨折

骨が病的変異によって脆くなり、わずかな外力で骨折してしまったものになります。
骨粗鬆症や骨肉腫、がんの骨転移などが原因として挙げられます。

 

【骨折の症状】

 

●一般外傷症状(他の外傷にもみられる症状)

疼痛
腫脹(腫れ)
機能障害

 

●骨折の固有症状

 

異常可動性

骨が完全に折れている場合、関節以外の場所で骨が大きく動いてしまうことがあります(異常運動)

 

軋轢音

骨折した骨同士がぶつかることで、「ゴツゴツ」「ゴリゴリ」とした軋轢音を触知することがあります。(実際に音が聞こえるというよりは、主に手の感覚になります)

 

転位と変形

特に完全骨折の場合、骨の位置がずれる(転位)ことで、短くなったり、長くなったり、横に折れたりと変形する場合があります。

 

●骨折の全身症状

 

ショック症状

全身の循環バランスが崩れることで、「顔面蒼白」「手足の冷え」「冷や汗」「虚脱」「脈拍が触れない」といった症状に陥ることがあります。

 

吸収熱

血腫や損傷組織が吸収される際に、全身に発熱症状がみられる場合があります。

 

【骨折を判断するポイント】

 

ヒビや亀裂骨折、剥離骨折など「不全骨折」の場合は、その他の外傷と判断が難しいことがあります。
これだけで骨折とは断定できませんが、骨折を見分ける際には次のポイントがあります。

 

・限局性圧痛

骨折の場合、骨の折れた箇所に限局した圧痛がみられます。
骨膜には知覚神経が豊富に走っているため、骨折の痛みは非常に強く出てくることが多くなっています。

・介達痛

患部より離れた箇所から骨に振動を加えてみたり、牽引してみたりした際に骨折部に痛みが響くことがあります。

 

【骨折の併発症】

 

骨折を引き起こした外力や、骨折端、骨片が周辺の組織を傷つけることで、次のような併発症がみられる場合があります。

・軟部組織損傷(筋肉、腱など)
・内臓損傷
・血管損傷
・神経損傷

また、関節面(関節軟骨)を損傷してしまった場合、骨折が治癒した後も関節の動きに制限が残ってしまうことがあります。

骨折してしまった際の対処法について

患部の強い腫れや痛み、骨折の固有症状がみられる場合はどのように処置していけばよいのでしょうか?
骨折の回復スピードを高めるためには、早急に対処していくことが重要です。

こちらでは、急性の外傷に効果的な「RICE処置」をメインに、骨折の対策について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

骨折が疑われる場合は、早急に「RICE処置」を行いましょう。

Rest(安静)

組織損傷の悪化や併発症を防ぐためにも、患部はできる限り安静にしましょう。

 

Icing(冷却)

内出血や炎症を抑えるために、患部を冷却します。
氷水や保冷剤を使用して患部を冷やしましょう。(冷やしすぎないように注意してください)

 

Compression(圧迫)

腫脹が広がらないように、患部をバンテージや包帯、テーピングなどで圧迫します。

 

Elevation(挙上)

患部を心臓より高い位置に挙上することによって、内出血量を抑えます。

 

RICE処置はあくまでも応急処置です。
できるだけ素早く整骨院・接骨院、専門の医療機関に行って適切な処置を受けるようにしましょう。

処置が早いほど、骨折の治りも良くなることが考えられます。

 

【日常生活で行える骨折の対策】

 

ホルモンの関係で、特に中高年の女性は骨が弱くなりやすいといわれています。
適度な運動栄養バランスの整った食事をとることで、骨が弱くならないようにしていくことが大切です。

また、スポーツや日常生活においては「転倒」することで、骨折のリスクが高くなると考えられます。
体幹の筋力、バランス感覚を日頃から鍛えておくことで、転倒を予防していくことも重要になってきます。

 

【骨折の治癒経過】

 

・炎症期

壊死組織を除去する際に免疫が強く働くため、炎症がでやすい時期になります。

・修復期

仮骨が形成される「仮骨形成期」、仮骨が硬くなる「仮骨硬化期」を経て、骨が修復され始める時期になります。

・リモデリング期

仮骨が破骨細胞と骨芽細胞の作用によって、徐々に本来の骨に再造形される時期になります。

葛西駅前中央整骨院の【骨折】アプローチ方法

※院長執筆中

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

転倒や強打など日常生活やスポーツを行っている中で骨折や脱臼、捻挫、挫傷(肉離れ)などのケガをしてしまったとき整骨院・接骨院でも、健康保険を使って施術を行うことができます。
また、通勤・業務中でのケガや交通事故によるケガには労災保険や自賠責保険を使って施術を行うことができます。 まずは一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは高電圧を筋肉や靭帯、身体の深部まで浸透させ痛みを軽減し回復を促進させる効果が期待できます。
高電圧をかけることで、肉離れや捻挫などの固定しなければならなかったケガの早期修復が期待できるだけではなく、神経に対してもアプローチが可能です。
その他にも痛みの根源を検査する効果も期待できます。
当院では、ハイボルト療法で根本的な原因を見極め痛みを軽減するだけではなく必要に応じて予防法なども伝えさせて頂きます。

 

■特殊固定具

特殊な固定具により、骨折や脱臼などの整復位を保ち、再転位を防止して、患部を安静に保ちます。
固定により、患部の可動域を制限し、損傷組織の良好な治癒環境を作ります。また、骨などの変形を防ぎ、適切に矯正していきます。

 

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

全身の筋肉や骨を覆っている「筋膜」に対して、専用の器具(ステンレスでできたブレード)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐし、血行促進を目指すことで「痛みの軽減」や「組織の回復力」を高める効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:熊倉 旬一
出身地:千葉県
趣味:子供と遊ぶこと、野球、アウトドア、釣り

年齢は秘密ですが業界歴は10年以上です!
(歳はもし興味あれば直接聞いて下さい!笑)
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:葛西駅前中央整骨院
住所〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-8
最寄:葛西駅
駐車場:なし
                                 
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中