自律神経とは?

/

自律神経の不調

こんにちは!院長の熊倉です。

皆さんは自律神経が身体にどんな役割を果たしているのかご存知ですか?

今回は、自律神経の役割と関連する諸症状についてご説明します。

自律神経は身体の活動や休息、生理機能を無意識に調節しています。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2種類があり、交感神経は、身体を緊張させたり、身体を興奮させて活動している時に優位になります。

副交感神経は、休息や睡眠時に優位な状態になり、内臓機能を促進します。

また、精神面の調節も自律神経の大事な仕事のひとつです。

そうした多岐にわたる重責を務めている自律神経が乱れたり、ストレスを感じると、身体機能の低下が起こります。

なかなか疲れが取れない、よく眠れない、イライラする、頭痛などの諸症状。

疲労が蓄積されると筋肉にも強い緊張が生じるようになります。

全身の柔軟性が失われ、機能低下により、寝違えやぎっくり腰を発症したり、季節の変わり目は、肩・首の緊張に伴う、四十肩、五十肩の症状を抱えて来院される方が増えます。

当院では、問診・検査を徹底し、症状に応じた最適な治療メニューをご提供いたします。

身体の不調については、お気軽にご相談ください。

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院院 公式SNSアカウント 葛西駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】葛西駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中